スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深いいい話 林 芙美子



林 芙美子(放浪記) ちょっと深いいい話(?)

林 芙美子(はやし ふみこ、本名:フミ子、1903年12月31日 - 1951年6月28日)は、
日本の小説家。上京前のペンネームに秋沼陽子(あきぬま ようこ)。

「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」の名句で知られる昭和初期の流行作家。
自らの貧困に苦しんだ生い立ち、流浪の経験などを基にした、
生々しい実感を伴う表現や人物描写が特徴。

「私は宿命的な放浪者である。私は古里を持たない…したがって旅が古里であった」
との出だしで始まる「放浪記」は、第一次大戦後の暗い東京で、飢えと絶望に苦しみながらも、
したたかに生き抜く「私」が主人公。
尽くした「島の男」との初恋に破れ、夜店商人、セルロイド女工、カフエの女給などの職を転々とする。
ひどい貧乏にもめげず、あっけらかんとした姿が多くの読者をひきつけ、ベストセラーとなった。

「あっけらかん」の中に、戦後を生き抜いた女性たちには
やもえずが突き抜けた やさしさと強さを感じるのでしょう。
そうでなければ、生きていけなかった。という思いがします。

森光子さんが舞台『放浪記』で林芙美子役を1961年の初演以来演じ続ける。
森光子さんの「でんぐり返り」が舞台作品としても有名で、
菊田一夫脚本で1961年に東京の芸術座で初演されて以後同劇場で公演を続け、
公演回数は2009年5月9日に2000回を達成しました。

すばらしい!!

 深いいい、第2の収入「権利収入」をご案内しています。

資料請求はこちら
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

深いいい話 晶子



「与謝野 晶子」の深い(?)いい話

「やは肌のあつき血潮にふれも見でさびしからずや道を説く君」
この歌は、以前TVコマーシャルで 曲をつけて歌われました。
確か、お中元の石鹸だったと思うのですが……。

大阪府堺市甲斐町(現在の堺区甲斐町)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、
父・鳳宗七、母・津祢の三女として生まれた。
20歳ごろより店番をしつつ和歌を投稿するようになる。
浪華青年文学会に参加の後、明治33年(1900年)、浜寺公園の旅館で行なわれた歌会で
歌人・与謝野鉄幹と親しくなり、鉄幹が創立した新詩社の機関誌『明星』に短歌を発表。
翌年家を出て東京に移り、女性の官能をおおらかに謳う処女歌集『みだれ髪』を刊行し
浪漫派の歌人としてのスタイルを確立した。のちに鉄幹と結婚。

晶子と鉄幹の恋物語は 多くの人が知っているのでしょうネ。

映画『華の乱』(1988年、深作欣二監督)は与謝野晶子の生涯を描く。
吉永小百合が晶子を演じている。

通産相や金融経済財政担当相、自民党政調会長などを務めた
衆議院議員・与謝野馨(2007年安倍改造内閣時の内閣官房長官)は晶子の孫にあたる。
馨が幼い頃に晶子が死去したが、初めて衆議院議員選挙に立候補して落選し、
浪人生活を送っているときに、祖母の詩集『みだれ髪』を復刻させている。

女優の沢口 靖子さんは晶子の高校の後輩。
沢口 靖子が高校生の頃、新入生が 学校の正門を知るより、テニスコートの中の沢口さんを先に知る。と、地元では、彼女はきれいで、かわいくって、有名でした。

 深いいい、第2の収入「権利収入」をご案内しています。

資料請求はこちら

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

深いいい話 レディ光子




レディ光子

クーデンホーフ光子こと青山ミツは、東京府牛込で骨董品屋を営む
青山喜八と妻ツネの三女として生まれた。
1892年当時のオーストリア=ハンガリー帝国の駐日代理大使として東京に赴任してきた
ハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギーに見初められ、結婚することになった。
ハインリヒが騎馬で移動中、落馬したのをミツが手当てしたのがなれ初めだといわれる。

1893年には、周囲が反対する中、光子はハインリヒと結婚する。
1896年に光子は、夫の祖国であるオーストリア=ハンガリー帝国へとわたる。
その際には、明治天皇の皇后美子から「異国にいても日本人の誇りを忘れないでください」と激励された。
クーデンホーフ家はボヘミアとハンガリーに跨る広大な領地をもつ伯爵家であり、
クーデンホーフ一族は東洋の島国からきた光子を奇異の目で見た。
ハインリヒは「光子をヨーロッパ人と同等の扱いをしない者とは決闘をする」と言い、
光子の庇護に努めた。
1905年に日露戦争が起こり、日本の国際的地位が高まると、光子への偏見も和らぐが、
翌1906年5月14日にはハインリヒが急死してしまう。
ハインリヒの遺産は全て光子が相続するように遺言がなされていたが、
一族が日本人に先祖伝来の財産を奪われてなるものかと訴訟を起こす。
しかし、光子はひるむことなく受けて立ち、勝訴する。
夫の遺産を相続し、伯爵夫人として、家政を取り仕切る。
また社交界にも参加し、「黒髪の貴婦人」と呼ばれるようになる。

もともと彼女には気品が備わっていたようで、
髪の毛の黒さだけでなく、人を魅了する内面があったと聞いています。
明治の日本女性の美しさでしょう。

ゲラン香水の「ミツコ」は彼女の名にちなんだと言われている。

大和 和紀の漫画「レディ ミツコ」がお薦めです。(絶版になってたらごめんなさい)

 深いいい、第2の収入「権利収入」をご案内しています。

資料請求はこちら

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

リアルタイム閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
相互リンク
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも一覧
逆アクセスランキング
adsence
Team Truth
あなたも流れ続ける「川」のようにパイプラインを持つことが可能です!
在宅副収入は当たり前の時代へ 家族を守るために得る「第二の収入」このビッグビジネスのグランドオープンは11月! Team Truth 権利収入のアニメ動画を見る サイト管理者へWEB電話する
素敵な仲間達

あなたもTeam Truthビジネスに参加しませんか?初心者の方でも95%在宅で活動できるNEWRSシステムを使用しています。お気軽に資料請求をして下さい。私たちのメンバーから資料をお送り致します (どのメンバーのサイトからでも資料請求可能です)
Team Truthビジネスを活動しているメンバー紹介
http://kenri.weblogs.jp/satori/
http://emi2525325.blog40.fc2.com/
http://kotaro08.blog46.fc2.com/
http://west252.blog100.fc2.com/
http://houndhorse.at.webry.info/
http://houndhorse.blogspot.com/
http://ameblo.jp/k3103o/
http://kotaro07.blog54.fc2.com/
資料請求

adsence
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。