スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員の実務


一般の人が裁判に参加して、いろいろな考えを裁判に生かすというシステムは、
アメリカやイギリスなどいろいろな国でもあります。
アメリカやイギリスは「陪審制度」(被告人が罪を犯したかどうかを裁判員だけで決める)です。

そういう国では、一般の人が裁判に参加するのは当たり前のことと考えられています。

裁判員制度は、こらからの裁判をかえていくシステムと言われています。

メリット 
 裁判にいろいろな人の意見が取り入れられるので、解りやすく深みのある判決になる。

 みんなが裁判に参加できるように、はやく裁判が行われるようになる。

デメリットは今後 いろいろな形で出てくると思われます。

裁判員は、裁判官のとなりの席にならんで座ることになります。そして、裁判のときは、
テレビや新聞等で知ったことをもとに判断してはならず、法廷で見たり聞いたりしたことから、
判断することになっています。
裁判所の外では、普通の生活をしていますので、テレビや新聞を読んでもかまいません。

深いいい仕事、第2の収入Team Truthをご案内しています。

資料請求はこちら
スポンサーサイト

テーマ : ちょっと気になる事
ジャンル : その他

裁判員の仕事



裁判員の仕事

①裁判に立ち会って、検察官、弁護人、被告人の話を聞く。

②検察官と弁護人・被告人の話や証拠について、他の裁判員や裁判官と話し合う。

③被告人が有罪か無罪か、有罪であればどんな罰にするかみんなで決めます。

裁判に立ち会うとき、検察官や弁護人が自分の言い分を証明するために、証拠を出すので
それを見たり目撃者などの話を聞いたりします。

みんなで出した結論は、裁判長が法廷で伝えます。
これを「判決」といい、裁判員の仕事はこれで終わり。

裁判員が大切にする仕事のひとつに「事実認定」があります。
これは、法廷に出された証拠から、「ある事実があったのか、なかったのか」ということを
判断します。

裁判員は法律に詳しくなければならないか というとそうでなく、
裁判員が仕事をするとき、裁判官がちゃんと法律などの説明をすることになっていますし、
法律的な判断については裁判官だけで行うことになっています。

深いいい仕事、第2の収入Team Truthをご案内しています。

資料請求はこちら

テーマ : ちょっと気になる事
ジャンル : その他

裁判員制度とは?


「裁判員制度」は、国民の中からくじで選ばれた「裁判員」が、裁判官と一緒に、被告人が本当に
罪を犯したにか、犯したのなら、どういう罰を与えるか決める制度です。

20歳以上の人の中から選ばれます。手紙が来ます。

今までは、裁判は法律のプロである裁判官や検察官、弁護士だけで行われてきましたが、
裁判員制度が始まると、国民のいろいろな考えが裁判に生かされていきます。

だれでも裁判員になれるかというとそうでなく、法律の専門家(弁護士や法律の学者など)
はなれません。
被告人の家族もなれません。自分の家族を公平に裁くことは難しいから。

裁判員は、どんな刑事裁判にも参加するのでなく、地方裁判所で行う、
殺人や放火などの重犯罪の刑事裁判に参加します。
 裁判員はひとつの裁判について6人選ばれることになっていて、裁判官は3人、
合計9人で裁判を行っていきます。
例外も当然あります。

深いいい仕事、第2の収入Team Truthをご案内しています。

資料請求はこちら

テーマ : ちょっと気になる事
ジャンル : その他

裁判とは?



5月21日から新しい制度がスタートしました。
わかっているような、いないような?

仕事ではないけれど、どんな制度か、簡単に、でも、少し深くご紹介を。

裁判には、

ア.民事裁判  イ.刑事裁判  ウ.家事審判・家事調停  エ.少年審判

があります。

このうち刑事裁判で新しく取り入れられることになったのが[裁判員制度」です。
全部が全部 裁判員制度ではないですから。



<予備知識>

事件発生から判決宣告までの流れまで

  ①事件発生⇒②捜査⇒③起訴(検察官が裁判を起こす)

  ⇒④公判前整理手続[こうはんぜんせいりてつづき](裁判がスムーズに進行するよう
    問題となること、調べる証拠について、裁判官、検察官、弁護人で話し合って決める)

  ⇒⑤冒頭手続き(被告人が人違いでないか確認してから、被告人がどんな犯罪をしたのか
    検察官が述べる。その後、被告人と弁護人が言い分をいう)

  ⇒⑥証拠調べ(検察官・弁護人がそれぞれ自分の言い分を裏付ける証拠を出す)

  ⇒⑦弁論手続き(検察官・弁護人が最終的な意見を言う。被告人も、最後に自分の意見を言う)

  ⇒⑧評議(裁判官が判決の内容を相談して決める)

  ⇒⑨判決宣告(判決の内容を被告人に伝える)

 ⑤から⑨までが公判となる。
 深いいい仕事、第2の収入Team Truthをご案内しています。

資料請求はこちら

テーマ : ちょっと気になる事
ジャンル : その他

リアルタイム閲覧者数
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
相互リンク
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも一覧
逆アクセスランキング
adsence
Team Truth
あなたも流れ続ける「川」のようにパイプラインを持つことが可能です!
在宅副収入は当たり前の時代へ 家族を守るために得る「第二の収入」このビッグビジネスのグランドオープンは11月! Team Truth 権利収入のアニメ動画を見る サイト管理者へWEB電話する
素敵な仲間達

あなたもTeam Truthビジネスに参加しませんか?初心者の方でも95%在宅で活動できるNEWRSシステムを使用しています。お気軽に資料請求をして下さい。私たちのメンバーから資料をお送り致します (どのメンバーのサイトからでも資料請求可能です)
Team Truthビジネスを活動しているメンバー紹介
http://kenri.weblogs.jp/satori/
http://emi2525325.blog40.fc2.com/
http://kotaro08.blog46.fc2.com/
http://west252.blog100.fc2.com/
http://houndhorse.at.webry.info/
http://houndhorse.blogspot.com/
http://ameblo.jp/k3103o/
http://kotaro07.blog54.fc2.com/
資料請求

adsence
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。